パリのエッフェル塔が消灯、スリランカの犠牲者悼む

スリランカでの犠牲者を悼んでエッフェル塔の明かりが消された/Reuters

スリランカでの犠牲者を悼んでエッフェル塔の明かりが消された/Reuters

(CNN) スリランカで教会やホテルを狙った連続爆発があり200人以上の死者が出た件で、フランス首都パリにあるエッフェル塔が犠牲者を悼んで午前0時に明かりを消した。

エッフェル塔はツイッターへ、スリランカで起きた攻撃の犠牲者を追悼するために午前0時に明かりを消すと投稿した。

スリランカではイースター(復活祭)の日曜日となった21日に教会やホテルで連続爆発があり、200人以上が死亡した。

エッフェル塔は、2017年5月に英マンチェスターで起きたコンサート会場での爆発事件や、2015年1月にパリで起きた風刺新聞への襲撃事件などの際にも消灯している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]