北朝鮮、非核化交渉の中断を検討 外務次官が会見

北朝鮮の崔善姫外務次官=2016年6月23日、北京/Newscom/Kyodo/Newscom

北朝鮮の崔善姫外務次官=2016年6月23日、北京/Newscom/Kyodo/Newscom

(CNN) 北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)外務次官は15日、平壌で記者会見し、米国との非核化交渉の中断を検討していると明らかにした。会見に出席したロシア国営タス通信が伝えた。

チェ氏は会見で「(ハノイの米朝首脳会談で提示された)米国の要求にはいかなる形でも屈するつもりはないし、この種の交渉に関わるつもりもない」と言及。北朝鮮側は先月の会談が物別れに終わったことに深く失望していると述べた。

さらに、協議決裂の原因は米国側にあるとし、米代表団は要求ばかりで柔軟さに欠けたと主張した。「(米国は)自国の政治的利益を追求することに執心し、結果を得ようという真摯(しんし)な意欲がなかった」としている。

これに対し、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は同日、決裂の経緯に関するチェ氏の説明は「不正確」だと反論。北朝鮮からの報道について韓国と話し合ったことを明らかにした。

米朝交渉に関してはビーガン北朝鮮政策特別代表が11日、ワシントンの会合で「外交はまだ非常に活発だ」と説明。「就任初日に期待したような大きな進展は過去6カ月ではなかったが、引き続き北朝鮮側と緊密に接触している」と述べていた。

北朝鮮を巡ってはこのほど新たな衛星画像が浮上し、アナリストからはミサイル施設での動きを示すものとの指摘が出ている。しかし、ビーガン氏は画像を重要視しない姿勢を示し、「性急な判断」を控えるよう求めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]