サウジ皇太子、「黄金のマシンガン」贈られる パキスタン訪問で

ムハンマド皇太子がパキスタンで「黄金のマシンガン」をプレゼントされた/Handout/Senate of Pakistan

ムハンマド皇太子がパキスタンで「黄金のマシンガン」をプレゼントされた/Handout/Senate of Pakistan

(CNN) サウジアラビアのムハンマド皇太子がパキスタンを訪問した際、同国の上院議員の代表団から金めっきを施したサブマシンガンを贈られていたことが21日までに分かった。ムハンマド皇太子は政治的、経済的関係の強化などを念頭にアジア諸国を歴訪中。

贈られたサブマシンガンは、ドイツのH&K社が製造した「MP5」。銃身や弾倉、引き金などの部位は黄金製で、表面に精巧な模様が彫られている。

パキスタン議会上院の情報筋がCNNに明らかにしたところによると、議員らは皇太子を描いた肖像画も贈呈したという。

皇太子として初めてパキスタンを訪れたムハンマド氏は17日から2日間同国に滞在。厳戒態勢の中で手厚い歓迎を受け、200億ドル(約2兆2000億円)規模の経済支援を行うことで合意した。今回のアジア外遊を通じ、昨年10月の記者殺害事件によって失墜したサウジの国際的なイメージの回復を図る考えだとみられる。

ムハンマド皇太子は20日、インドのニューデリーに到着し、同国との間でテロとの戦いのための情報共有や新たな投資計画を進めることを発表した。インドの次は、サウジにとって最大の貿易相手国である中国を訪問する予定。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]