米司法省、元空軍情報員を起訴 イランのスパイとして活動

元米空軍情報員のモニカ・ウィット被告/FBI

元米空軍情報員のモニカ・ウィット被告/FBI

ワシントン(CNN) 米司法省は13日、イランのスパイとして活動した罪で、元米空軍情報員のモニカ・ウィット被告(39)を起訴したと発表した。

ウィット被告は空軍特別調査部門で防諜(ぼうちょう)任務にも携わっていた。2013年にイランに亡命しており、現在も身柄は拘束されていないという。

司法省によると、ウィット被告は亡命後、「機密度の高い情報収集プログラム」の存在をイラン側に明かしたほか、米情報将校1人の身元情報を提供し、この将校の命を危険にさらしたとされる。

デマーズ司法次官補は記者団に対し、「市民のひとりが国を裏切るとは米国にとって悲しい日だ」と話した。被告はかつて米軍の一員として憲法への忠誠を宣誓し、外敵からの祖国防衛を誓っただけに、なおさら悲しみが深いとしている。

起訴状によると、ウィット被告は12年1月ごろから15年5月ごろにかけ、国外でイラン人と共謀して国防関連の文書や情報を提供。また、イランによる使用を念頭に、米政府関係者や防諜要員に関する報告書類も作成したとされる。

一方、イラン政府の当局者は、仕事環境を整備する目的で、ウィット被告に住居やコンピューター機器などを与えていたという。

司法省はまた、コンピューター侵入やなりすましを試みたなどとしてイラン人4人を起訴した。14~15年にかけて工作を行い、ウィット被告の元同僚ら米政府関係者少なくとも8人を標的にしたとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]