スリランカで処刑人を募集、大統領が死刑復活を発表

新聞に掲載された処刑人の募集広告/DINUKA LIYANAWATTE//REUTERS

新聞に掲載された処刑人の募集広告/DINUKA LIYANAWATTE//REUTERS

(CNN) スリランカのシリセナ大統領が最近、死刑執行を再開すると表明したことを受け、当局が死刑執行人の募集に乗り出している。

刑務当局の長官が出した新聞広告には、18~45歳のスリランカ人で「品行方正」「精神力が強いこと」などの条件が記載されている。

スリランカでは1976年以降、死刑が執行されていない。殺人や強姦、麻薬取引は今も死刑相当の犯罪として扱われるが、実際は終身刑に減刑されるのが通例となっている。

ロイター通信によると、国内でただ一人残っていた執行人は2014年、一度も死刑を執行することなく退職した。

しかしシリセナ氏は先週の議会で、麻薬関連の罪で有罪となった受刑者への死刑執行を2カ月以内に再開すると表明した。

地元メディアによると、シリセナ氏はフィリピンのドゥテルテ大統領が進めるような麻薬撲滅作戦を目指している。同氏は先月、フィリピンへの公式訪問で、ドゥテルテ氏の犯罪、麻薬対策を「世界全体の、そして私個人の手本だ」と手放しで称賛した。

シリセナ氏が表明した死刑再開に対し、人権団体からは強い反発の声が上がっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]