トルコ当局、1112人の拘束指示 16年のクーデター未遂巡り

2016年のクーデター未遂時に封鎖された橋の様子/Burak Kara/Getty Images Europe/Getty Images

2016年のクーデター未遂時に封鎖された橋の様子/Burak Kara/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) トルコ当局が、2016年に起きたクーデター未遂をめぐり1112人の拘束を指示したことが13日までにわかった。内務省の情報筋がCNNに明らかにした。

対象となったのは、在米のイスラム教指導者ギュレン師のネットワークとの関わりが疑われている人々。トルコはギュレン師について、クーデターを画策したとして非難している。

情報筋によれば、トルコ全土の75都市で家宅捜索が行われている。地元メディアによれば、全国的な捜査で容疑者641人が拘束された。

一部の容疑者については、10年に起きた警官の特定の役職に就くための試験に関する不正疑惑についても関与が疑われている。

トルコでは、16年7月にクーデター未遂が発生して以降、同様の大規模な拘束が行われている。クーデター未遂では約250人が死亡。その多くが市民だった。クーデター未遂には兵士の一部が参加し、アンカラやイスタンブールの市内を戦車が走行するなどしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]