最重要の年を迎えた習近平主席<上> しかし国内外に問題山積

Photo Illustration/Getty

Photo Illustration/Getty

(CNN) 中国の習近平(シーチンピン)国家主席が昨年3月に人民大会堂の檀上に登った時、中国の将来を方向付けるのはこの人物だと思われた。

その数カ月前、習氏は中国の最高位である共産党中央委員会総書記に再選された。習近平政権の2期目がスタートし、さらに国家主席の任期制限が撤廃され、事実上、習氏が恒久的に主席の座にとどまることが可能になった。

しかし、それから9カ月が経過した今、習政権の前途に暗雲が垂れ込めている。

中国経済はトランプ米大統領が中国に仕掛けた貿易戦争により勢いを失いつつあり、米中間の緊張も経済だけでなく、政治や軍事問題にまで広がっている。

2019年は習氏にとって、これまでで最も重要な年になりそうだが、不幸なことに、その最重要の年を迎える前に米中貿易戦争が勃発してしまった。19年は、中華人民共和国建国70周年など、中国にとって重要かつ論議を呼ぶ日が目白押しで、習氏はその難しい年のかじ取りを担っている。

同時に、昨年12月はじめに習氏がアルゼンチンでトランプ大統領と会談した際に合意した米中貿易戦争の「一時停戦」の期限が刻一刻と迫っており、期限までに米中両国の相違を埋める必要がある。

中国経済の未来と共産党最高指導者としての習氏の立場は、習氏が今年の重要イベントをどう乗り切るかにかかっている。

共産主義の遺産

習氏と共産党にとって、10月1日の中華人民共和国建国70周年記念日は、将来に影響を及ぼす極めて重要な日となる。

共産党は、中国の経済的成功と、70年というソ連をもしのぐ予想外の「長寿」を祝うことだろう。ソ連はかつて共産主義の大国だったが、成立から69年後の1991年に崩壊した。

オックスフォード大学中国センターの主任を務めるラナ・ミッター氏は、中国政府は今後、建国記念日への下準備として、共産主義革命の指導者らの賛美に注力すると見ている。

中華人民共和国建国の約4年前の毛沢東(左)と周恩来/AFP/Getty Images
中華人民共和国建国の約4年前の毛沢東(左)と周恩来/AFP/Getty Images

「習氏は、自身のこれまでの功績と彼らが残した遺産とを結び付けようとするだろう」(ミッター氏)

政府による言論弾圧

19年の重要な日すべてが祝福の機会というわけではない。中には世界が忘れてくれることを習氏が願っている日もある。

6月4日は、1989年に北京の天安門広場で人民解放軍が民主化運動を武力弾圧し、数千人の市民が犠牲になったとされる天安門事件から30周年を迎える。

天安門広場へ向かう戦車の前に立つ男性=1989年/JEFF WIDENER/AP
天安門広場へ向かう戦車の前に立つ男性=1989年/JEFF WIDENER/AP

他にも公にしにくいイベントがいくつか控えているが、中国本土では誰もそれらについて公に発言することは許されず、発言を試みればすぐに遮断される。

また今年は、中国政府が宗教団体「法輪功」の学習者の弾圧を開始してから20年目を迎え、さらにダライ・ラマ法王がチベットを逃れてから60年目となる。中国政府は、この2つの重要な日が話題に上ることなく過ぎ去ることを願っているだろう。

しかし今年、習氏の頭痛の種となりそうな要素はそれだけではない。数十年間、さまざまな分野で前例のない成長を遂げてきた中国経済が失速しているのだ。

次回「最重要の年を迎えた習近平主席<下> 中国は再び困難に直面か」は2月11日公開

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]