北朝鮮、ベトナムに「遺憾の意」表明 金正男氏の暗殺事件

北朝鮮の李容浩外相(中央左)とベトナムのグエン・スアン・フック首相が今月1日に会談=ハノイ/MANAN VATSYAYANA/AFP/AFP/Getty Images

北朝鮮の李容浩外相(中央左)とベトナムのグエン・スアン・フック首相が今月1日に会談=ハノイ/MANAN VATSYAYANA/AFP/AFP/Getty Images

ソウル(CNN) マレーシアのクアラルンプール国際空港で昨年2月に起きた、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏の暗殺事件で、北朝鮮がベトナム人女性の事件への関与に関連し非公式にベトナム側に遺憾の意を表明したことが15日までにわかった。

韓国政府筋がCNNに明らかにした。遺憾の表明は韓国メディアで広範に報じられているが、謝罪ではなく、北朝鮮が事件への関与を認めたものとも受け止められていない。

北朝鮮はこれまで事件への加担を強く否定。ただ、米国、マレーシア両国政府は金正男氏の殺害の責任は北朝鮮にあると断定している。正男氏の遺体からは猛毒の神経剤「VX」が検出されていた。事件後、マレーシア、北朝鮮の両国関係は一気に悪化していた。

ベトナムへ遺憾の意を示した北朝鮮当局者は伝えられていない。ただ、北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相は今月初旬、ベトナムを訪問していた。

北朝鮮の朝鮮中央通信(KNCA)は当時、外相はベトナム政府指導者と会談し、掘り下げた意見交換を実施したと報道。両国の友好関係や協力関係をさらに発展させることで見解が一致したとも伝えていた。

金正男氏の暗殺事件をめぐっては、マレーシア司法当局は北朝鮮の男4人とベトナム人のドアン・ティ・フォン被告を含む女性2人を起訴。女性の裁判はマレーシアで続いており、有罪となった場合、死刑判決が下される可能性もある。

北朝鮮の男4人の所在は不明。国際刑事警察機構(ICPO)は加盟国に対し4人の手配を通知、発見などした場合、身柄をマレーシアに送り、裁判に臨ませるよう求めている。

ドアン被告は審理で、北朝鮮人にだまされたと無実を主張。北朝鮮人はいたずらを仕掛けるテレビ番組の制作と説明していたとしたが、検察側は女性2人は自らの行動の目的を承知していたと反論している。

一方、韓国政府筋によると、ベトナム政府高官は韓国政府に対しベトナムが2回目の米朝首脳会談の舞台になることへの関心を示した。ただ、新たな米朝首脳会談の開催時期は金委員長の訪韓の時期に左右されるだろうともした。

非核化交渉に関する北朝鮮側の立場に通じている当局者はCNNの取材に、金委員長による年内の訪韓の可能性は「ゼロに近い」との認識を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]