ヒマラヤで30年前の遺体発見、アイスランドの登山家2人

ヒマラヤ山脈で30年前に消息を絶ったアイスランド人の登山家2人の遺体を発見/Steve Aisthorpe

ヒマラヤ山脈で30年前に消息を絶ったアイスランド人の登山家2人の遺体を発見/Steve Aisthorpe

(CNN) ヒマラヤ山脈で30年前に行方不明になったアイスランド人の登山家2人の遺体が先月、氷河の底で見つかっていたことが11日までにわかった。

登山仲間だったスコットランド国教会の職員、スティーブ・エスソープ氏がこのほど語ったところによると、同氏とアイスランド人のクリスティン・ルナルソン、トールスティン・グジョンソン両氏は1988年10月、世界最高峰エベレストの横にそびえるプモリの登頂を目指して出発。エスソープ氏は途中で体調を崩し、2人に先へ進むよう促してキャンプに戻った。

その後、悪い予感がして2人を捜しに行ったが、大声で呼んでも応答はなかった。ロープが残っていた位置から、2人は登頂に成功したか、頂上の近くまでたどりついていたことがうかがえたという。

遺体は氷河の後退に伴って次第に下へ移動していたとみられ、30年の年月を経て米国人の登山者に発見された。ネパールの首都カトマンズで火葬され、遺灰はアイスランドへ帰された。

ポケットから出てきたカメラのフィルムを専門家が調べている。エスソープ氏は、2人がどのように亡くなったのかを知る手掛かりになるかもしれないと話している。

遺族によると、2人は生前、自分たちの登山中にもしものことがあっても、捜索のために危険を冒さないでほしいと話していた。ルナルソン氏には当時、妊娠中の恋人がいて、5カ月後に父親そっくりの息子が誕生したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]