5000人超収容の難民避難所、不衛生のため閉鎖に 国境の町ティフアナ

鉄製のフェンスを乗り越える移民ら=25日、メキシコ・ティフアナ/Pedro Pardo/AFP/Getty Images
写真特集:移民キャラバン、米・メキシコ国境で混乱

鉄製のフェンスを乗り越える移民ら=25日、メキシコ・ティフアナ/Pedro Pardo/AFP/Getty Images

(CNN) 米国と国境を接するメキシコ・ティフアナに設けられた難民のための避難施設が「健康問題のため」に閉鎖されたことが5日までにわかった。メキシコ当局が明らかにした。この施設は5000人超の難民が利用していた。

ティフアナ市長が先週末、フェイスブックに投稿した画像には、マスクをした当局者が、避難所として使われていたスポーツ複合施設「ベニート・フアレス・スポーツ・コンプレックス」の入り口を閉鎖する様子がとらえられていた。

ここは、米国を目指す難民を収容するための主要な施設となっていたが、市長の声明によれば、衛生状態が不十分なことから閉鎖された。

CNN取材班が先週、現地を訪れると、下水道がむき出しになっているなど、不衛生な状況だった。

ティフアナ市があるバハ・カリフォルニア州で移民問題を扱う特別委員会に所属する議員は先ごろ、施設に受け入れた人数が収容人員の3倍を超えたと明らかにしていた。

難民の多くは2日までにスポーツ複合施設から移送されたが、門の外のテントにとどまる難民も数十人いた。

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチによれば、新しい避難所は「屋根と乾いた床」がある、より良い施設だという。

ティフアナにはここ数週間で数千人の難民が訪れている。多くは中米などから徒歩で米国を目指している「移民キャラバン」の一員だ。

11月下旬には、移民キャラバンの一部が国境を越えようと殺到したため催涙弾が使われるなど混乱もみられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]