南北首脳、9月に平壌で会談へ 今年3度目

韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が平壌で会談することに/Pool/Getty Images AsiaPac/Getty Images

韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が平壌で会談することに/Pool/Getty Images AsiaPac/Getty Images

ソウル(CNN) 韓国統一省は13日、文在寅(ムンジェイン) 大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が9月に平壌で会談することを明らかにした。実現すれば今年の4月、5月に続き3度目の会談となる。

会談の発表に先駆け、南北を隔てる非武装地帯(DMZ)では両政府の高官が協議を行っていた。

南北の関係は今年開催された平昌冬季五輪を契機に回復に向かったとされる。五輪を通じて醸成された融和ムードが、4月の南北首脳会談や6月の米朝首脳会談に道を開いたといえる。

文大統領と金委員長は5月にもDMZで電撃的な会談を行っていた。

平壌での会談が実現すれば、同市を訪れる韓国大統領は2000年の金大中(キムデジュン)氏、2007年の盧武鉉(ノムヒョン)氏に次いで3人目。この時の北朝鮮側の首脳はいずれも金委員長の父親、金正日(キムジョンイル)総書記だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]