インド南部の州に「未曽有」の洪水 死者37人、4万人避難

インド南部で洪水、数十人死亡

ニューデリー(CNN) インド南部の観光地、マラバール海岸沿いのケララ州で豪雨による「未曽有」の洪水が起き、数十人が死亡、多数の住民が避難している。

同州の緊急対策当局者が12日、CNNに語ったところによると、豪雨が始まった8日以降、同日までに少なくとも37人が死亡した。

土砂崩れやダムの増水が相次ぎ、低地に住む約4万人が計350カ所の避難所へ移動した。

当局は10日、豪雨によるダム決壊の恐れが強まったとして放水に踏み切った。ビジャヤン州首相は同日の声明で、州内27カ所のダムで一斉に放水が行われた前例はなく、これほど大規模な水害は州史上初めてだと述べた。

洪水で立ち往生した観光客もいる。10日には州内のリゾートホテル一帯から54人が救出された。

インド内務省によると、現地には国家災害対応部隊(NDRF)の隊員400人以上に加え、陸軍、海軍、沿岸警備隊の要員も出動して救援作業に当たっている。

雨はこのところ収まっているが、気象当局によると今後さらに豪雨が予想されるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]