シリア政府軍、南部ダルアーを奪還 内戦勃発の地

ダルアーの市内に立てられたシリア国旗/MOHAMAD ABAZEED/AFP/AFP/Getty Images

ダルアーの市内に立てられたシリア国旗/MOHAMAD ABAZEED/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) シリア政府軍は12日、南西部の街ダルアーに進軍し、同市を反体制派から奪還したと発表した。国営メディアが伝えた。

ダルアー入りした政府軍は市内でシリア国旗を掲揚した。同市は過去7年余りにわたって続くシリア内戦の端緒となる事件が起きた街として知られる。

ダルアーではこのほど、アサド政権の後ろ盾となっているロシアとシリア反体制派との間で一時的な停戦合意が成立していた。

この合意に基づき、シリア政府は「テロリスト集団が中型、大型の武器を引き渡すことになる」との見通しを表明。国営メディアが12日に報じたところによると、政府は合意に従う人々については同地域にとどまることを認め、従わない人々は立ち退かせる方針だという。

シリア国民の多くにとって、ダルアーは内戦の始まった街とみなされている。2011年3月、市内の高校の壁にアサド大統領を批判する落書きをしたとして10代の少年15人が逮捕された。

少年らが数週間にわたり拘束され、拷問を受けているとして、市内では大規模な抗議行動が連日発生。最終的に少年らは釈放されたが、ダルアーは政府による反体制派弾圧の主要な標的となった。

11年の春までに戦車が市内へ侵攻すると反体制派の兵士らがこれに応戦し、市とその周辺では激しい戦闘が繰り広げられることになった。

内戦状態となったその後の7年余りで、シリア国民数百万人が住む家を追われ、数十万人が死亡した。ダルアーでは最近の政権側の攻勢を受けて、30万人以上が自宅からの退避を強いられていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]