レイプ夫を刺殺の19歳女性が上告、家族に殺人予告も スーダン

自分をレイプした夫を殺害

(CNN) スーダンで自分をレイプしようとした夫を刃物で刺して死亡させ、殺人罪に問われた19歳の女性が、下級審の判決を不服として12日、最高裁に上告した。

被告のノーラ・フセインさん(19)は、自分をレイプしようとした夫(35)を刃物で刺して殺害したとして、一審で死刑を言い渡された。この判決は国際的な非難を浴び、二審では禁錮5年に減刑するとともに、女性の家族から夫の遺族へ慰謝料33万7000スーダンポンド(約200万円)を支払うよう命じていた。

フセインさん側は、禁錮刑と慰謝料の両方を不服として上告した。

スーダンの法律では10歳で結婚が認められ、夫婦間のレイプは犯罪とはみなされない。フセインさんの死刑判決でそうした現状が脚光を浴び、人権団体のほか、モデルのナオミ・キャンベルさんや女優エマ・ワトソンさんなども批判の声を上げていた。

これに対して、夫の遺族側はフセインさんの訴えを否定。再度死刑を言い渡すよう求めて上告する構えを見せている。

フセインさんは15歳で強制的に結婚させられ、学校を卒業して結婚式を済ませると、夫に性的関係を求められた。フセインさんが拒むと、親類に押さえつけられて夫にレイプされたと訴えている。

支援団体によると、フセインさんは身の安全が懸念される状況にあり、拘置所も報復の恐れがあるとして、面会は弁護団に限って認めている。

フセインさんの家族は2017年の事件以降、繰り返し脅迫を受け、事件後間もなく両親の自宅は放火されて焼失した。最近では夫の父親が地元新聞の取材に対し、もしフセインさんに無罪が言い渡されれば、フセインさんの親族の男性の命を狙うと公言している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]