トランプ氏と正恩氏、「非常に重要な」文書に署名 米朝首脳会談

トランプ大統領(右)と金正恩朝鮮労働党委員長が共同文書に署名した

トランプ大統領(右)と金正恩朝鮮労働党委員長が共同文書に署名した

(CNN) 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、シンガポールでの会談後に共同文書に署名した。

トランプ氏は記者団に「私たちは非常に重要な文書に署名する。かなり包括的な文書だ」と語った。この後予定されている会見で内容を詳しく説明すると予告し、文書は公開されるとの見通しを示した。

正恩氏はトランプ氏に感謝の意を表し、「私たちは歴史的な会談で過去へのこだわりを捨てる決断を下し、歴史的な文書に署名しようとしている」「世界は大きな変化を目にするだろう」と述べた。

米当局者がこれに先立ち、CNNに語ったところによると、文書は対話の進展を確認し、今後も前進を続けることを約束する内容だという。

両首脳は同日朝から会談した。文書への署名は事前に計画されていなかったが、トランプ氏は正午過ぎ、会場となったホテルの敷地内を正恩氏と散策した際に「署名」の予定を初めて口にしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]