キューバ旅客機の墜落 死者110人に、3人生存

キューバで旅客機が墜落

ハバナ(CNN) キューバの首都ハバナの空港近くで18日発生したキューバ航空の旅客機墜落で、同国のアデル・イスキエルド・ロドリゲス運輸相は19日、犠牲者は110人に達したと発表した。

キューバ人乗客99人、メキシコ人の乗務員6人、アルゼンチン人の乗客2人にメキシコ人乗客1人などとなっている。キューバの国営メディアによると、生存者は3人で全てキューバ人の女性。ハバナ市内の病院で手当てを受けているが全員が重体。

墜落の原因は即座には判明していない。同運輸相は、操縦室でのやりとりがわかる音声記録装置が回収されたと述べた。墜落原因の解明に同じく大きな材料となる飛行記録装置の発見や回収も間近と期待している。

墜落したのは米ボーイング社製の737―200型機で、約40年前に製造された。メキシコのエアロリネアス・ダモ航空がキューバ航空に貸し出した機材だった。キューバ航空はここ数週間、国内線の運航を中止していた。保有する機材の安全性に懸念が生じたため就航させていなかったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]