司教全員が辞任を申し出、性的虐待が発覚 南米チリ

南米チリの司教全員が法王に辞任を申し出た

南米チリの司教全員が法王に辞任を申し出た

(CNN) 南米チリの司教全員が18日、同国で発覚した聖職者らが絡む未成年者に対する性的虐待問題に関連しローマ・カトリック教会のフランシスコ法王に辞任を申し出た。

これら司教の声明によると、辞意を示したのは現役の司教31人と引退した司教3人。1国の司教全員の同時辞任はカトリック教の歴史で前例がないとみられている。バチカンの報道官は法王が今回の一斉辞任を認めたのかの事実確認は避けた。

バチカンでは最近、チリでの不祥事に対応する3日間の緊急首脳会議が開かれていた。

法王はチリでの性的虐待問題に関する2300ページに達する詳細な報告書を受けた後、同国の司教をバチカンに招集していた。

不祥事の渦中にあるのはオソルノ教区のバロス司教で、虐待の事実を知り、隠蔽(いんぺい)に携わったともされる。ただ、法王は自らが2015年に任命した同司教を強く弁護し、非難は中傷に等しいとも主張していた。

しかし、4月にバチカンの調査報告書を受けた後、判断で重大な過ちを犯したと認め、チリの虐待被害者への謝罪を表明していた。5月にはバチカン内で同司教の主要な告発者3人と私的に面会し、許しを求めてもいた。

法王庁の未成年者保護委員会の元メンバーは今回の司教全員の辞表提出について、事件に関する十分な対応ではないと指摘。誰も解任されず、全員に辞任が許されており、変化は何もないと主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]