ロシアのプーチン大統領、体力の秘密は「鹿の血」にあり?

2018.03.12 Mon posted at 18:11 JST

[PR]

ロシア・ニコリスコエ(CNN) ロシアのプーチン大統領の肉体自慢は有名だ。上半身裸で馬に乗ったり釣りをしたりする写真も撮らせている。だが65歳で4回目の大統領選挙に臨むプーチン氏のスタミナはどこからくるのか。秘密は雄鹿の枝角の血にあると、本人は信じているようだ。

ロシアではシベリアアカシカの枝角から採集した血を飲んだり、血の風呂に入ったりする人が多数いる。地元メディアの報道によると、プーチン大統領もその1人。血の風呂に入浴すれば体が強くなり、老化を食い止められると考えられている。

そうした考え方を背景に、枝角の血を使った製品の業界も発展している。これに対して動物保護団体は、科学的根拠のない野蛮な行為だとして批判する。

ビロード状の鹿の枝角に癒やし効果があることを裏付ける証拠はない。それでもロシアの複数の研究機関は、さらなる研究の意向を示している。

角を収集する光景は心臓には良くない。毎年、鹿たちは拘束され、のこぎりで角を切り落とされる。

CNN取材班は、ニコリスコエの高地にある農場でそうした農場を取材した。

「もちろんこれは、医薬品ではない」。農場経営者はそう語る。「どちらかというとサプリメントだ。免疫力を高め、身体を癒やし、素晴らしい強さを与えてくれる。特に男性の生殖機能に効く」

角を切り落とされても毎年新しい角が生えてくることから、鹿たちにとってたいした問題ではないと農場主は言う。しかし新しく角が生えればまた切り落とされ、それが生涯で15回前後も繰り返される。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]