エジプトのコプト教会で銃撃、9人死亡 ISISが犯行声明

事件後教会周辺に集まる群衆

事件後教会周辺に集まる群衆

エジプト・ヘルワン(CNN) エジプトの首都カイロ近郊にあるキリスト教の一派コプト教の教会で29日、銃撃事件が発生し、保健省によると9人が死亡、5人が負傷した。過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が犯行声明を出した。エジプトでは今年、コプト教徒を狙った襲撃が相次いでいる。

エジプト内務省はフェイスブックで、襲撃犯は2016~17年にかけて5件の襲撃に関与したことが知られている33歳の男だと発表。「良く知られたテロリスト」だとしている。

ISISは29日遅く、傘下のアマク通信を通じて犯行声明を出した。ISISやその系列組織は以前にも、エジプトの他の地域で起きたコプト教徒への襲撃に関して犯行声明を出していた。

襲撃はカイロ南郊ヘルワンにあるコプト教の教会で発生。複数の目撃者はCNNに、礼拝を終えて外に出るところだった人々が教会の前で銃撃されたと証言した。2人の襲撃犯を目にしたとの証言もあるが、犯行に関与した人物の数に関する当局者の情報は錯綜(さくそう)している。

内務省は国営メディアに、機関銃や弾薬、爆弾を所持していた容疑者1人を逮捕したと明らかにした。爆弾は教会内で使用する計画だったという。保健省報道官は、2人目の襲撃犯がエジプト治安部隊により殺害されたとしている。

保健省によると、殺害された9人のうち8人はキリスト教徒で、1人がイスラム教徒の警官。負傷者のうち2人は重体だという。

エジプトのシーシ大統領は犠牲者の遺族に弔意を示し、「追い詰められたテロリストのこうした犯行がエジプト国民の決意と固い団結を損なうことはない」と改めて表明した。

エジプトでは5月、銃で武装した集団がバスに乗っていたコプト教徒少なくとも28人を殺害。また4月には、北部タンタとアレクサンドリアの教会で連続爆弾テロがあり、49人が死亡していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]