トランプ氏、「忍耐の時代終わった」 北朝鮮問題で

北への強硬姿勢崩さず、トランプ氏

(CNN) 就任後初めて日本を訪れているトランプ米大統領は6日、安倍晋三首相と日米首脳会談を行ったあと、共同記者会見に臨んだ。その中で核開発を続ける北朝鮮の脅威に言及し、日本国民と団結してこれに立ち向かうと主張。「戦略的忍耐の時代は終わった」として、北朝鮮政府への強硬姿勢を掲げる従来の方針を改めて強調した。

安倍首相は北朝鮮問題への取り組み方について、日本と米国が「完全に見解の一致をみた」と述べ、国際社会に向け、今後は対話を求めるのではなく最大レベルの圧力をかけていく必要があると訴えた。その上で、北朝鮮の団体や個人に対する資産凍結など日本独自の追加制裁を実施する計画を明らかにした。

会見に先立ち、トランプ大統領は日本から北朝鮮に拉致された被害者の家族と面会。会見の場では北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長に対して、拉致被害者を解放するよう強く要請し、「被害者を帰国させることが何かのきっかけになると思う。極めて特別なことがそこから始まる」と語った。

一方で北朝鮮国民に関する質問には「素晴らしい人々だと思う。今は非常に抑圧的な体制の下に置かれているが、最終的にはすべて解決できると信じている。誰にとっても良い結果が訪れるだろう」と述べた。

さらに北朝鮮の発射するミサイルが日本の領土の上空を通過していることについて、「米国から大量の軍装備品を購入すれば迎撃できるだろう」とコメント。日本が自国の防衛を強化することに前向きな考えを示した。

これを受け安倍首相は、防衛力強化の必要性に同意しつつ、日本政府はすでに米国から多くの軍装備品を購入していると発言。日米の連携にもとづいてミサイル防衛を行うとしたうえで、「迎撃の必要があるものについては迎撃する」と付け加えた。

トランプ大統領は日本での日程を終えた後、韓国、中国、ベトナム、フィリピンの各国を歴訪する予定。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]