北朝鮮による資金調達の秘密、金正恩委員長の「財布」とは

2017.07.09 Sun posted at 20:06 JST

[PR]

(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長がパレードのために到着し、黒のメルセデス・ベンツからレッドカーペットへと足を下す。しかし、北朝鮮の最高指導者に、この最高級のリムジンを売ったのは、誰なのだろうか。

国際的な制裁にもかかわらず、金委員長は素晴らしい生活を送っている。最近も、ピカピカの白いヨットや高価なお酒、高級スキーリゾートのための設備まで購入したとみられている。

国連が2014年に発表した報告書によれば、北朝鮮が2012年に購入した高級品の金額は6億4580万ドル(現在のレートで約710億円)に達するという。

北朝鮮では昨年3月に国民に対して、飢饉の可能性と厳しい経済情勢に備えるよう呼びかけを行ったが、国の指導者には、どうすればこのようなぜいたくな暮らしを送るだけの余裕が生まれるのだろうか。

専門家によれば、こうした種類の購入には、金委員長の「個人的な財布」が使われるという。財布の資金源は、北朝鮮政府が世界各地で行っている非合法な取引だ。北朝鮮は、金融機関に対するハッキングや、武器や薬物の販売、紙幣の偽造、絶滅危惧種の密輸などの犯罪行為を行っているとして非難を浴びている。

こうした資金はまた、北朝鮮の核やミサイルの開発プログラムのための支払いにも利用される。専門家によれば、核開発とミサイル開発は、米国が狙う体制交代を阻止するために必要なことだと北朝鮮は信じているという。

非合法な資金調達は、人目につかない可能性が高く、正確に把握することは不可能に近い。しかし、米議会が2008年に明らかにした報告書によれば、北朝鮮政府が不正な手段で手にした利益は毎年5億~10憶ドルにのぼるとみられる。

米財務省の元幹部で的を絞った金融政策の利用に詳しいアンソニー・ルッジェーロ氏は「北朝鮮は相手が金を出す限り、誰にでも何でも売る」と語る。

米ミズーリ大学の教授で北朝鮮の非合法な財政活動について研究しているシーナ・グレイテンズ氏によれば、そうした収入は、北朝鮮指導層の懐や銀行口座に直接入ってくるという。グレイテンズ氏は、これを排除することができれば、貿易の流れと比べて、より大きな影響を与えることができるだろうとの見方を示す。

専門家によれば、米国側の条件での交渉のテーブルにつかせるために、金委員長に対して本当に圧力をかけるためには、トランプ米大統領はこうした金を追う必要があるという。

しかし、そうした収入を断つことは、世界規模でのモグラたたきのようで、おそらく難しいだろう。

グレイテンズ氏は、北朝鮮は収入を得るために新しく創造的な方法を見つけ出すことが非常にうまいと指摘する。

北朝鮮に圧力をかける

金委員長の父親は、金正日(キムジョンイル)総書記で、映画好きな面などが知られているが、金総書記は、「39号室」と呼ばれる部門を設立した。

メールマガジン

[PR]