トルコでクーデター、政権と軍がそれぞれ勝利宣言 大統領「将校を逮捕」

エルドアン大統領、「政権を掌握している」 トルコ軍反乱

(CNN) トルコで16日未明までに軍によるクーデターの動きがあり、政権側と軍の双方が勝利を宣言した。エルドアン大統領は当局による将校の逮捕が始まったと発表した。主要各都市ではデモ隊が進行中のクーデターに抗議するなど混乱が続いている。

エルドアン大統領はイスタンブールのアタテュルク国際空港で、同国南西部沿岸にあるマルマリスのホテルに滞在していたが、そこを離れた後に同ホテルで爆発があったとも明らかにした。

イスタンブール上空では戦闘機が低空を飛行し、複数の装甲車両が欧州とアジアをつなぐボスポラス橋を封鎖。銃声が鳴り響き、政権を支持する市民らが通りに出てきた。アタテュルク国際空港は全便が運航を停止した。

テレビ局CNNトゥルクのキャスターは、軍の兵士がイスタンブールにある同局が入る建物に立ち入ったと伝えた。「どのくらい放送が続けられるかわからない。5~10分ほど前に兵士が入った」とキャスターが述べた数分後、スタジオからは人影が消えた。

首都アンカラでは議会建物に爆弾が投げつけられた。米大使館によると、銃撃音や爆発音が聞こえたという。軍用機とみられる航空機が約1時間にわたり低空を飛行したともしている。

大統領の関係筋によると、クーデターの主導側が奪取したヘリコプターがF16戦闘機に撃墜されたという。

米大使館は米国人に対し、大使館や領事館に行かずに安全な場所に身を隠すように呼びかけている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]