大型サイクロン、フィジー直撃の恐れ 20日夜に上陸か

2016.02.20 Sat posted at 16:00 JST

[PR]

(CNN) 米軍の合同台風警報センターは20日、大型のサイクロンが今週末、南太平洋のフィジーを直撃する可能性があると警告した。同国のビチレブ、バヌアレブの2大島に上陸する恐れがある。

同センターによると、サイクロン「ウィンストン」の風速は約80メートルで、最大瞬間風速は89メートルを超える。ハリケーンの規模で言えば最強の「カテゴリー5」に匹敵するという。

ウィンストンは勢力をさらに強める見通しで、暴風雨の目は現地時間の20日深夜にビチレブ島などに到達すると予想されている。

両島を直撃する過去最大規模の暴風雨となる可能性がある。フィジーの総人口は約90万人だが、大半がこの2島に住む。

同国の熱帯低気圧センターは、ウィンストンの最大瞬間風速は約101メートルとなる可能性があるとし、危険な高波や沿岸部での洪水発生に警戒を呼び掛けた。

南太平洋でのサイクロンのシーズンは11月1日から4月30日まで。現在続いているエルニーニョ現象の影響でサイクロンの発生は例年以上に活発になるとも予想している。エルニーニョ現象では、太平洋の多くの海域で海面水温が平年よりも高い状態が続く。

ビチレブ島には2012年12月、最大風速約65メートルのサイクロン「エバン」が上陸し、大きな被害が出たものの死者はいなかった。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!