中国、年明けからの「二人っ子」政策を正式決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国では1月1日から2人目の子どもを持つことが認められる

中国では1月1日から2人目の子どもを持つことが認められる

(CNN) 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の常務委員会は27日、これまでの「一人っ子政策」を改め、全ての夫婦に2人目の子どもを持つことを認める法改正案を採択した。改正法は来月1日に施行される。

採択されたのは「人口・計画出産法」の改正案。1970年代に人口抑制を目的に施行された一人っ子政策が、事実上廃止される。

中国共産党は今年10月、「人口高齢化問題への積極的な取り組み」として、二人っ子政策を実施するとの声明を発表していた。

これに先立つ2014年1月、両親が一人っ子だった場合は2人目の子どもを容認するとの大幅な緩和策が発表されたが、1年後の統計では申請件数が予想をはるかに下回っていた。

一人っ子政策の下では強制的な中絶や避妊手術、厳しい罰金などが国際社会から批判を浴びていた。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、二人っ子政策への転換後も3人以上の子どもを持とうとする夫婦には強制措置が取られる恐れがあると指摘。「国家が子どもの人数を規制すべきではない」と主張している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]