マンデラ追悼式の手話通訳者、過去に複数罪で起訴

手話通訳者にインタビュー

(CNN) 南アフリカのeNCAテレビは13日、マンデラ元大統領の追悼式典で「でたらめ」な手話通訳を行ったとして批判を浴びている手話通訳者のタマサンカ・ジャンティさんが、過去に殺人、殺人未遂、誘拐などの罪で起訴されたことがあると報じた。

eNCAテレビは、ある警察幹部からジャンティさんが1995年に窃盗で有罪となったことを示す文書を入手したとしているが、ジャンティさんが実際に服役したか否かは定かではないという。

また同文書には、ジャンティさんが1994年から2006年までに強姦、家宅侵入、器物破損、殺人の罪で起訴されたと書かれているが、同文書によると、強姦と殺人については無罪となり、家宅侵入と器物損壊、さらに1996年の窃盗については起訴が取り下げられている。

ジャンティさんは13日のeNCAテレビのインタビューで、過去に複数の罪で起訴されたことについて否定はしなかったが、逆に記者らにジャンティさんの個人情報を入手した経緯を尋ねた上で、まだコメントする用意はないと述べ、会話を打ち切ったという。

CNNが13日に南アフリカ国家検察局に対し、ジャンティさんがeNCAが報じたような罪で起訴されたことがあるか問い合わせたところ、同局はそれについては何も情報がないと回答した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]