在ウクライナ米大使館の人員縮小、一部家族に出国命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国務省は、在キエフ米大使館の人員を縮小すると発表した/Volodymyr Tarasov/Ukrinform/Barcroft Media/Getty Images

米国務省は、在キエフ米大使館の人員を縮小すると発表した/Volodymyr Tarasov/Ukrinform/Barcroft Media/Getty Images

(CNN) 米国務省は23日、ウクライナの首都キエフにある米大使館の人員を縮小すると発表した。まず緊急業務にかかわらない職員や家族から退避を開始する。

国務省はロシア軍事行動の脅威が続いていることを理由に、直接雇用の職員の自主的な出国を認め、対象となる職員家族には出国を命じた。ウクライナにいる米国民に対しては、民間機などの輸送手段を使って今すぐ出国を検討するよう促している。

ウクライナ国境付近でロシアの兵力増強が続く中、CNNは21日の時点で、在ウクライナ大使館が国務省にこの措置を要請したと伝えていた。

ウクライナ国防省が入手した最新の情報によると、ロシアは国境地帯に12万7000人以上の部隊を配備している。米ホワイトハウスのサキ報道官は先週、ロシアはいつでも侵攻を開始できる状態にあるとの認識を示した。

米国務省は既に、ウクライナ渡航に関する警戒レベルを最大に引き上げ、ウクライナには渡航しないよう国民に呼びかけている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]