テスラ従業員、同僚を射殺した容疑で逮捕 工場の駐車場で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テスラの従業員が同社工場の駐車場で同僚を射殺したとして逮捕された/Dylan Stewart/Image of Sport/Sipa USA/Reuters

テスラの従業員が同社工場の駐車場で同僚を射殺したとして逮捕された/Dylan Stewart/Image of Sport/Sipa USA/Reuters

(CNN) 米カリフォルニア州フレモントにある電気自動車(EV)大手テスラの工場で、従業員が同僚を射殺したとして逮捕された。

フレモント警察の責任者によると、アンソニー・ソリマ容疑者(29)は13日午後、工場の駐車場で同僚を射殺した疑い。検視当局が被害者の身元を確認している。

ソリマ容疑者と被害者はこの日、口論していたことが分かっている。同容疑者は銃撃の直前に、突然職場から立ち去っていた。被害者はシフトを終えたところだった。

警察は監視カメラの映像から、ソリマ容疑者が被害者を撃ったと断定した。現場ではライフルの薬きょうが複数見つかった。また同容疑者の車から、短銃身のライフルと、空の薬きょうが押収された。

ソリマ容疑者は警察で取り調べを受け、留置場に収容された。警察によると容疑者は1人だけで、地域社会にこれ以上危険が及ぶ恐れはないという。

テスラによると、工場は敷地面積が約150ヘクタールで、1万人以上の従業員が勤務している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]