警官や消防士の4分の1が未接種、ワクチン義務化の期限迫る 米LA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ロサンゼルス市警と消防局の4分の1以上がコロナワクチンを未接種であることが分かった/Ringo Chiu/AP/FILE

米ロサンゼルス市警と消防局の4分の1以上がコロナワクチンを未接種であることが分かった/Ringo Chiu/AP/FILE

(CNN) 全職員に新型コロナウイルスワクチンの接種を義務付けた米ロサンゼルス市で、20日の期限が迫る中、ロサンゼルス市警の警察官やロサンゼルス消防局の消防士のうち4分の1以上が接種を受けていないことが分かった。

市警と消防局の統計によると、ワクチンをまだ接種していないロサンゼルス市警の警察官は33.7%、ロサンゼルス消防局の消防士は約26%を占める。

ロサンゼルス市議会とエリック・ガーセッティ市長は8月に、医療上または宗教上の例外を除き、市職員全員に対して10月19日までにワクチン接種を義務付ける条例を承認していた。

消防局によると、今月5日までに消防士のうち108人が医療上の理由による免除を、389人が宗教を理由とする免除を申請した。

20日までにワクチン接種証明書を提示しなかった職員がどうなるのかは分かっていない。

市はこの問題について労組と協議を続けており、消防局は市からの指示を待つと説明。「ワクチンを接種してもらうために啓発、奨励、動機付けを続ける」とした。

一方、ロサンゼルス郡保安官事務所は約1万8000人の職員に対して今月1日からワクチン接種を義務付けている。保安官事務所職員は市ではなくロサンゼルス郡に所属していることから、市が定めた20日の期限の対象にはならない。

アレックス・ビラヌエバ保安官は先週、「ワクチン義務付けのために一夜にして職員の5~10%を失う立場になることは望まない」と述べ、強制措置には踏み切らない意向を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]