テーマパーク王国の米フロリダ州オレンジ郡、感染拡大で「危機態勢」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマパークが複数ある米フロリダ州オレンジ郡で新型コロナウイルスの感染が増加傾向にある/Paul Hennessy/SOPA Images/LightRocket/Getty Images/FILE

テーマパークが複数ある米フロリダ州オレンジ郡で新型コロナウイルスの感染が増加傾向にある/Paul Hennessy/SOPA Images/LightRocket/Getty Images/FILE

ワシントン(CNN) ウォルト・ディズニー・ワールドなどテーマパークが集中する米フロリダ州オレンジ郡のジェリー・デミングズ市長(民主党)は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて同郡が「危機態勢」にあると警告を発した。

デミングズ氏は同日の記者会見で、郡内の新規感染者は1日あたり1000人に迫っていると指摘。これは昨年のピークと同じ水準だと危機感を示した。

そのうえで「拡大を抑えるために力を合わせなければ」と述べ、住民らにワクチン接種を呼び掛けた。同氏によると、接種は進んでいるもののペースが遅く、12歳以上の住民で少なくとも1回の接種を受けた人の割合は61.59%だという。

米疾病対策センター(CDC)によると、フロリダ州では全ての郡で市中感染のレベルが「高い」と判定されている。

オレンジ郡にはディズニー・ワールドのほかに、ユニバーサル・スタジオやシーワルドもある。各パークでは来園者の検温など、感染対策のルールの多くをすでに解除している。ワクチン接種が完了していれば、マスクの着用も求められない。

ここ1週間の州全体の新規感染者数は、全米の合計の4分の1近くを占めた。人口10万人あたりでは49人と、全米平均の同16人を大きく上回り、アーカンソー、ルイジアナ両州に続く第3位だった。

1週間の死者数は282人と全米で最多を記録。人口当たりでは全米6位に位置している。

CDCのデータによれば、同州でワクチン接種を完了した人の割合は48.5%で、全米平均の49.1%を下回っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]