郡庁舎のクラスターで2人死亡、接種済みの職員は感染せず 米フロリダ州

米フロリダ州マナティー郡の庁舎内で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した/Manatee County

米フロリダ州マナティー郡の庁舎内で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した/Manatee County

(CNN) 米南部フロリダ州マナティー郡の庁舎内で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し、2人が死亡したことが分かった。

疫学の専門家でもある郡行政官によると、感染は庁舎内のIT部門から始まった。同じフロアの別部門でも先週、1人が陽性反応を示した。

感染した6人のうち5人が病院に収容された。入院した1人と、入院しなかったもう1人が死亡した。IT部門内の接触者で、新型ウイルスのワクチン接種を完了していた1人は感染しなかったという。

同行政官はCNNとのインタビューで「臨床所見から感染力が非常に強く、致死率も高い変異株であることが懸念される」と述べた。

庁舎は18日、予防的措置として閉鎖されたが、21日には再開。マスクの着用は職員らの意思に任された。

ただし同行政官は、ワクチン未接種の職員にマスクの着用を勧めている。さらに「マスクは確かに有効だが、もっと重要なのはワクチンだ」と指摘。職場でのワクチン接種も進める方針を示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]