子どもの性別披露装置が爆発、父になるはずの男性死亡 米NY州

米ニューヨーク州で、子どもの性別披露パーティーのために使われるはずだった装置が爆発し、死者が出た/Google Maps

米ニューヨーク州で、子どもの性別披露パーティーのために使われるはずだった装置が爆発し、死者が出た/Google Maps

(CNN) 米ニューヨーク州で、子どもの性別披露パーティーのために使われるはずだった装置が爆発する事故があり、28歳の男性が死亡した。ニューヨーク州警察が明らかにした。

警察は21日正午ごろ、爆発の通報を受けて現場に駆け付けた。死亡したのはニューヨーク州リバティーに住むクリストファー・ペクニーさん(28)。自分で組み立てていた装置が爆発した。ペクニーさんは生まれてくる子どもの父親になる予定だった。

弟のマイケル・ペクニーさん(27)も負傷して近くの病院に運ばれた。

死亡したペクニーさんが組み立てていたのがどんな装置だったのか、警察は詳細を明らかにしていない。ただ、他人に危害を加える目的はなかったとしている。

米国では、ミシガン州でも今月、子どもの誕生の前祝いパーティーで小型砲が爆発して男性1人が死亡するなど、子どもの誕生や性別披露に関連して死者が出る事故が後を絶たない。

カリフォルニア州南部では昨年、性別披露のための装置を原因とする山火事が発生した。これを受けて、性別披露パーティーの提唱者とされるブロガーのジェナ・カーバニディスさんはフェイスブックへの投稿で行き過ぎを批判。「馬鹿げたパーティーはやめよう。物を燃やして自分の子どものペニスのことをみんなに告げるのはよそう。あなた以外は誰も相手にしてくれない」と訴えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]