米NJ州知事、ワクチン配布の「資金ない」 連邦政府の支援求める

米ニュージャージー州のマーフィー知事。ワクチンの配布には連邦政府からの支援が必要との見方を示した/Dave Kotinsky / Getty Images

米ニュージャージー州のマーフィー知事。ワクチンの配布には連邦政府からの支援が必要との見方を示した/Dave Kotinsky / Getty Images

(CNN) 米ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事は6日までに、新型コロナウイルスのワクチンの数百万回分を住民に分配させるのに必要な資金が州にはないことを明らかにした。

CNNの取材に、配分の実現には連邦政府との強い連携、トランプ現政権やバイデン次期政権からの資金援助が必要と訴えた。

前途に控えているワクチンを流通させるための複雑な作業や必要となる経費は過小評価されるべきではないと強調した。

州内における感染者の最近の急増には、新型コロナ流行に伴う疲労感、個人的な環境での感染拡大、寒冷な気候や休日の重なりの要因があると指摘。

ここ数カ月内には一定の量のワクチンが届き、多少は気が楽になるだろうともしながら、この数カ月内に気を緩めることなく頑張ることが必要とも訴えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]