ショッピングモールで銃撃、8人負傷 米ミルウォーキー近郊

米ミルウォーキー近郊のショッピングモールで銃撃があり、8人が負傷した/Nam Y. Huh/AP

米ミルウォーキー近郊のショッピングモールで銃撃があり、8人が負傷した/Nam Y. Huh/AP

(CNN) 米ウィスコンシン州ミルウォーキー近郊のショッピングモールで20日に銃撃があり、警察によると8人が負傷した。

ショッピングモールのあるウォーワトサの警察幹部が記者会見で明らかにしたところによると、発砲した犯人は警察が駆けつけた時点で現場にいなかった。目撃者の供述から犯人は白人の男で、年齢は20~30代だという。現在身元特定のための捜査が行われている。

警察はフェイスブックへの投稿で、初期段階の捜査から銃撃は無差別ではなく「口論の結果」の犯行だとの見方を示唆した。ショッピングモールはすでに安全が確保された状況だが、モールの経営者は21日に営業を行わない意向を示しているという。

負傷者は大人7人と10代の若者が1人。病院に運ばれたが、現在のところけがの程度は明らかになっていない。

ウォーワトサのデニス・マクブライド市長はCNNの取材に答え、「犯人が現在も逃走中」だと説明。警察官75人が現場に配備されたと述べた。被害者のけがはいずれも命にかかわるものではなさそうだとも語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]