デモ現場で発砲 1人死亡、民間警備員を拘束 米コロラド州

発砲について記者団に説明する警察幹部。発砲により1人が死亡した=10日/KMGH

発砲について記者団に説明する警察幹部。発砲により1人が死亡した=10日/KMGH

(CNN) 米コロラド州デンバーの警察は10日、警察支持派と反対派によるデモの現場付近で発砲事件があり、1人が死亡、容疑者1人を拘束したことを明らかにした。

警察責任者の記者会見によると、発砲はデモが終了する前の同日午後3時半すぎ、口論の後に起きた。被害者は搬送先の病院で死亡が確認された。現場から銃2丁と催涙スプレーが押収された。

警察はその後、容疑者は民間の警備員だったとツイート。殺人事件として捜査していると述べた。

地元テレビ局「9NEWS」によると、容疑者は同局に雇われた警備員だった。同局では数カ月前から、デモの取材に警備員を同行させることにしてきたという。

警察は当初、2人を拘束したと発表していた。9NEWSによれば、このうち1人は同局の調査報道部門に所属するプロデューサーで、発砲に関与しなかったことが分かり釈放された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]