熱帯暴風雨の死者7人、220万世帯で停電 米東海岸

暴風を受けて横倒しになったニュージャージー州の街の電信柱/Eduardo Munoz Alvarez/Getty Images

暴風を受けて横倒しになったニュージャージー州の街の電信柱/Eduardo Munoz Alvarez/Getty Images

(CNN) 熱帯暴風雨「イサイアス」が3日から4日にかけて通過した米東海岸の死者は7人に達し、約220万世帯で停電が続いている。

イサイアスはノースカロライナ州に上陸した後、米南東部から北東部を通過してカナダに到達。同国南東部のケベック州にも豪雨と強風をもたらしている。

ノースカロライナ州では竜巻がトレーラーパークを直撃して少なくとも2人が死亡、12人が負傷した。メリーランド州でも3件以上の竜巻が発生し、倒木の下敷きになった車の運転者が死亡した。

デラウエア州では83歳の女性、ペンシルベニア州では5歳の女児が遺体で発見された。

停電状況の追跡サイトによると、停電はノースカロライナ州からメーン州の広い範囲に及び、5日夜の時点でニュージャージー州の68万7000世帯、ニューヨーク州63万4000世帯、コネティカット州の67万8000世帯余りが被害を受けている。

ケベック州でも5日昼、2万5205世帯の停電が報告された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]