小型機2機が空中衝突、森林火災の消火中 米ネバダ州

米ネバダ州南部で単発機2機が衝突した/From Google

米ネバダ州南部で単発機2機が衝突した/From Google

(CNN) 米ネバダ州南部で現地時間の30日午後3時ごろ、森林火災の消火作業に当たっていた単発機2機が空中衝突した。米連邦航空局(FAA)が明らかにした。

衝突事故を起こしたのはエアトラクターAT8T型機。同州カリエンテ近郊で山火事の消火に当たっていた。カリエンテはラスベガスから約240キロ北東にある。

FAAによると、いずれの機体にもパイロット1人のみが搭乗していた。パイロットの状況については確認できていない。

事故原因についてはFAAと米国家運輸安全委員会(NTSB)が調査する。

土地管理局によると、同地の森林火災は一晩で約2800ヘクタールの範囲に燃え広がった。8月5日までには火勢が抑えられる見通し。出火原因は分かっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]