遊泳中の女性が負傷して死亡、サメ襲撃か 米メーン州

メーン州当局は死亡した女性について、サメに襲われたとみている(画像は資料写真)/istockphoto

メーン州当局は死亡した女性について、サメに襲われたとみている(画像は資料写真)/istockphoto

(CNN) 米北東部メーン州の海岸で27日、遊泳中だった女性がけがをして死亡した。同州海洋資源局は、女性がサメに襲われたとみて調べている。

目撃者がメーン州海洋パトロール局に語ったところによると、死亡した女性は同州カスコ湾にあるベイリー島沖で遊泳中に負傷した。サメに襲われたようだと目撃者は話している。

近くでカヤックに乗っていた人たちが女性を岸まで運んで救急隊を呼んだが、女性は現場で死亡が確認された。

メーン州で人がサメに襲われるのは極めて稀(まれ)で、世界の被害状況をまとめたインターナショナル・シャーク・アタック・ファイルによると、過去に1件しか記録されていなかった。

CBCニュースによると、2010年のこの事例では、商業ダイバーがニシネズミザメに襲われていた。ダイバーにけがはなく、この時の様子をビデオに収録していた。当局によれば、サメはダイバーのカメラを餌だと思った様子だった。

女性が死亡した経緯についてはメーン州海洋パトロール局が調査中で、詳しい情報は明らかにしていない。同州海洋資源局は、この付近で遊泳したりボートに乗ったりする場合は注意するよう促し、魚の群れやアザラシには近寄らないよう呼びかけている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]