新型コロナ陽性の共和党議員、野党への連絡は1週間後 「家族への配慮」から

米ペンシルベニア州議会の議事堂/John Greim/LightRocket/Getty Images

米ペンシルベニア州議会の議事堂/John Greim/LightRocket/Getty Images

(CNN) 米ペンシルベニア州議会の共和党議員が、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたにもかかわらず、そのことを1週間の間公表せず、議員らが混乱状態に陥っている。

同州議会のアンドルー・ルイス下院議員(共和党)は今月20日に新型コロナウイルス検査で陽性と判定された。

声明を発表したのはその1週間後の27日。「5月18日に新型コロナウイルスの検査を受け、20日に陽性だったと告げられた。直ちに自己隔離に入って下院と議会人事部に連絡を取った」と説明した。公表が1週間後になったのは、「自分の家族と、感染させたかもしれない相手に対する配慮」だったとしている。

この発表で27日にルイス議員の感染のことを知った民主党のフランク・ダーモディ州下院議員は、「議事堂では下院議員や職員が密接に働いている。この状況についてもっと早く知らされるべきだった」と憤る。

この2週間だけでも議事堂では6日間にわたる採決が行われ、委員会の会合が15回以上開かれていたとダーモディ議員は指摘、「そうした会合に出席した全員が感染のリスクにさらされた」と主張する。

一方のルイス議員は、米疾病対策センター(CDC)のガイドラインに従って、感染させた可能性のある相手を特定し、その相手には直ちに連絡を取って14日間の自己隔離を求めたと説明している。

これに対してダーモディ議員は、同じ空間を共有していたにもかかわらず、民主党には連絡がなかったとして反発を強めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]