病室の母へ、雪に書いた応援メッセージ ツイッターでも話題に

闘病中の母親に向けて雪で書いたメッセージが話題に/Marie Schambach

闘病中の母親に向けて雪で書いたメッセージが話題に/Marie Schambach

(CNN) 脳腫瘍(しゅよう)と闘う母親の病室から見下ろせるよう、娘が雪に大きく書いた応援のメッセージ――。米オハイオ州クリーブランドの病院がツイートした写真に、多くの人から励ましの言葉が寄せられている。

ミシェル・シャムバックさん(65)は12日、進行性の強い脳腫瘍(しゅよう)の先進治療を受けるため、中米グアテマラからやって来た。クリーブランド・クリニックに入院したのは昨年10月に続いて2回目だ。

付き添っているのは、グアテマラで医師をしている娘のマリーさん。生まれて初めての雪を病室の窓から見下ろしたら、真っ白な石板のように見えた、と話す。13日に病院からホテルへ戻る途中、雪に字を書いてみたが、まだ降っている最中でうまくいかなかった。

14日に再び挑戦し、「ママ、がんばって」と文字を刻んだ。父に「ママを起こして窓のところへ行くように伝えて」と頼んだ。「母はとても喜んでくれた」という。ほかの入院患者たちに、「思ってくれる人がいる」というメッセージを届けたいという思いもあった。

ミシェル・シャムバックさんと娘のマリーさん/Marie Schambach
ミシェル・シャムバックさんと娘のマリーさん/Marie Schambach

病院はツイッターに写真を投稿して、「これを書いた方へ。私たちも胸を打たれました」と書き込んだ。

ツイッターにはこの投稿を目にした人々からコメントが寄せられ、ミシェルさんも笑顔を見せた。元教師のミシェルさんに、30年前の教え子からもメッセージが届いたという。

15日には、ミシェルさんの白血球が増えているという朗報が入った。医師はがん治療薬が効いてきたと話したが、マリーさんは「薬だけでなく、たくさんの応援と祈りの効果です」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]