米シカゴで相次ぐ発砲、子ども11人が撃たれて負傷

米シカゴで週末に相次いで発砲があり、子ども11人が負傷した/Scott Olson/Getty Images

米シカゴで週末に相次いで発砲があり、子ども11人が負傷した/Scott Olson/Getty Images

(CNN) 米イリノイ州シカゴで14日夜~17日早朝にかけ、妹が11歳の兄を撃つなど子どもが犠牲になる発砲事件や事故が相次いだ。この4日間で銃撃された25人のうち、未成年は11人を占める。警察によると、3人の死者はいずれも成人だった。

11歳の男の子は14日午後8時ごろ、自宅で7歳児が手にしていた銃が暴発して弾丸が当たった。CNN系列局のWLSTVによると、2人は兄弟姉妹だった。警察は事故だったとみている。男の子は重傷を負って病院に運ばれた。

15日には少年が自宅で誤って発砲し、親類の8歳の男の子と12歳の女の子を負傷させた。2人とも容体は安定しており、警察が経緯を調べている。

さらに、15歳の少年が銃を暴発させて14歳少女の頬にけがをさせる事故や、15歳の少女と14歳少女が連続して何者かに脚を撃たれる事件も発生。別の14歳少女は、背中と肩、脚、腰を撃たれて重体になった。

午後5時ごろ公園の近くを散歩していた16歳の被害者は、通りがかりの車から銃撃されて左脚を負傷し、病院に運ばれた。

16日にはミッドウェー国際空港近くで車の中にいた17歳の少年が、隣に止まった車から発砲されて顔面を負傷。少年は自力で病院にたどり着いた。

さらに、16歳の少年が歩行中に通りがかりの車から発砲されて脚を負傷し、病院に運ばれた。

17日には、17歳の少女が友人と一緒に歩いていたところ、車で近づいてきた3人の男にドラッグを買わないかと持ち掛けられ、断ると発砲された。少女は足を撃たれて病院に運ばれたが、容体は安定している。容疑者は拘束されておらず、警察が捜査を続けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]