第2次大戦中の日系人強制収容、カリフォルニア州が公式謝罪決議採択へ

カリフォルニア州マンザナーの強制収容所で米国旗がひるがえる様子=1942年7月/Hulton Archive/Getty Images

カリフォルニア州マンザナーの強制収容所で米国旗がひるがえる様子=1942年7月/Hulton Archive/Getty Images

(CNN) 第2次世界大戦中の1942年2月19日、当時のルーズベルト米大統領は、国家の安全を脅かすとみなした人物を指定軍事区域から立ち退かせる権限を陸軍省に与えた。

以後の4年間で10万人以上の日系人(大部分は米国籍の保有者)が自宅から強制的に退去させられ、全米の強制収容所に送られた。

それからおよそ80年。米国史上、最大規模の強制立ち退きにかかわったカリフォルニア州が、日系米国人に公式謝罪することになった。

謝罪の決議案は、カリフォルニア州議会で今週中に採択される見通し。「第2次世界大戦中に日系米国人の不当な排除、立ち退き、強制収容」を支持したこと、さらには「日系米国人の公民権と市民の自由を守ることができなかった」ことについて謝罪するとしている。

さらに、「過去の過ちから学び、そうした自由に対する攻撃が、米国のどのコミュニティーに対しても二度と起きないようにすることが、これまで以上に重要性を増している」とした。

アーカンソー州ジェロームの強制収容所で撮影された日系人の写真=1944年7月18日
/War Relocation Authority/Japanese American National Museum
アーカンソー州ジェロームの強制収容所で撮影された日系人の写真=1944年7月18日 /War Relocation Authority/Japanese American National Museum

決議案を提出したカリフォルニア州のアルバート・ムラツチ州議会議員(民主党)は、議員就任以来毎年、2月19日を日系人強制収容所の被害者追悼の日とするよう求める法案を提出してきた。

しかし今回は、追悼以上の行動に出る必要があると訴える。ムラツチ議員は日系アメリカ人市民同盟の機関誌「パシフィック・シチズン」にこう語っている。

「我が国の首都が党派に沿った絶望的な分断状態にあり、トランプ大統領が移民の家族や子どもたちをおりに入れている。こうした中で、カリフォルニア州議会は、日本人の祖先をもつ忠実な米国人12万人あまりを有刺鉄線の向こうに強制収容するに至った自らの行動について、超党派の公式な対応を表明する」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]