不評の刑務所で受刑者また死亡、今年8人目 米

ミシシッピ州が運営する矯正施設で、受刑者の死亡が相次いでいる/Courtesy Mississippi Department of Corrections

ミシシッピ州が運営する矯正施設で、受刑者の死亡が相次いでいる/Courtesy Mississippi Department of Corrections

(CNN) 米ミシシッピ州サンフラワー郡の検視当局などは22日、州が運営する矯正施設の独居監房内で49歳の男性受刑者が同日朝、首をつって死んでいるのが発見されたと報告した。

パーチマン刑務所としても知られるこの施設で受刑者が死亡したのは今年、8件目となった。同州の矯正施設管理当局によると、このうち少なくとも3件には暴力が絡んでいた。

同刑務所にはミシシッピ州にいる受刑者1万9000人のうち約3600人が収監されている。欠陥が目立つ施設や最近の死亡者続出を受け強い批判にさらされてもいた。

検視当局者は22日に死亡が判明した受刑者の死因について、ひもを使った首つりによるものとみられると説明。ただ、公式の死因と死亡の経緯を把握するための調査が続いているとした。

この受刑者の監房は一部の最凶悪犯の受刑者が収監されている区画内に位置する。刑務官が首をつっているのを見つけ、ひもを切って救急救命措置を講じた。連絡で駆け付けた医療担当要員も蘇生を試みたが、死亡が確認されたという。

矯正施設管理当局によると、男性受刑者は同乗していた車が警官をひいた事件に関与し、2014年に殺人の罪で仮釈放の可能性がない終身刑判決を受けていた。

同刑務所では今月の20、21両日、受刑者2人が口論が原因で死亡。ただ、当局は所内で最近起きていた一連の殺人事件とは無関係としていた。受刑者の死亡続出を受け、矯正施設管理当局では責任者の刷新も最近図っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]