ウクライナ疑惑 新証拠を上院へ送付、ジュリアーニ氏と関係者の関与示す

選挙資金法違反の罪に問われているレブ・パーナス被告。同被告がウクライナ側とやり取りしていた文字メッセージや手書きのメモが新たな証拠として提示された/Drew Angerer/Getty Images

選挙資金法違反の罪に問われているレブ・パーナス被告。同被告がウクライナ側とやり取りしていた文字メッセージや手書きのメモが新たな証拠として提示された/Drew Angerer/Getty Images

(CNN) トランプ米大統領が弾劾(だんがい)訴追されたウクライナ疑惑を追及する下院民主党は14日、トランプ氏の顧問弁護士ルディ・ジュリアーニ氏らによるウクライナへの働き掛けを具体的に示した新たな証拠を上院に送付した。

新たな証拠資料は、ジュリアーニ氏の関係者で選挙資金法違反の罪に問われているレブ・パーナス被告が、ウクライナ側とやり取りしていた文字メッセージや手書きのメモ。被告の弁護士が下院情報特別委員会に提出し、同委員会が14日にその一部を公開した。トランプ氏がウクライナに対し、政治的ライバルのバイデン前副大統領とその息子の不正疑惑を捜査するよう圧力をかけた経緯の詳細が記録されている。

パーナス被告はウクライナのゼレンスキー大統領とジュリアーニ氏の会談を設定しようとしたり、同国の政府当局者らと連絡を取ったりしていたことがうかがえる。

パーナス被告がゼレンスキー氏の側近に送ったメッセージの中には、ジュリアーニ氏がゼレンスキー氏に会談を申し入れた書簡の画像が含まれている。ジュリアーニ氏は書簡の中で、5月半ばに30分ほど時間をもらいたいと伝え、トランプ氏もこの要請を承知し同意していると明記していた。

パーナス被告がウクライナ保安局の長官に、バイデン氏と息子による不正疑惑の記事を転送していたことも明らかになった。

同被告が手書きしたとされるメモには、「ゼレンスキーにバイデンの件を捜査すると発表させる」と書かれていた。

駐ウクライナ大使だったヨバノビッチ氏を、パーナス被告らが監視していた記録とみられるメッセージもある。ヨバノビッチ氏はジュリアーニ氏らに批判され、昨年4月に解任された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]