馬20頭が撃ち殺される、当局が捜査 米ケンタッキー州

米ケンタッキー州で撃ち殺された馬の数が20頭に/Courtesy Dumas Rescue

米ケンタッキー州で撃ち殺された馬の数が20頭に/Courtesy Dumas Rescue

(CNN) 米ケンタッキー州フロイド郡で銃によって殺された馬が6頭見つかり、これまでに撃ち殺された馬の数が20頭となったことがわかった。保安官事務所や馬の救助を行っているグループが23日明らかにした。馬の銃殺について当局が捜査を行っている。

同郡の保安官事務所によれば、殺された馬は子馬から成体のものまでさまざまで中には妊娠していた馬もいた。全てが銃創によって死亡したとみられている。

20頭は全て、かつて露天採鉱が行われていた地域で見つかった。動物の救助活動を行っている「デュマス・レスキュー」が馬の捜索を主導している。

人里離れている場所のため捜索は難航しているという。1日当たりに捜索できる範囲は約16平方キロメートルで、今月16日以降で、当該の地域の80%を捜索したという。捜索活動は週内にも終わる見通し。

馬の死体は広範囲で見つかった。発砲が始まり、馬が逃げて、その後、銃撃した人物が馬を追って殺害を行ったとみられるという。

同グループは馬の現場での解剖作業も手伝っている。馬の多くは動かすことができないという。

馬の群れは10月時点では約35頭いた。多くは持ち主に捨てられた馬のため、とても人懐っこいという。

これまでのところ、7頭の馬が救助された。まだ約6頭が保護されずにいるとみられている。

保安官事務所によれば、馬の殺害について捜査が行われている。救助グループは殺害に関与した人物の逮捕につながる情報に2万ドルの懸賞金を申し出ている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]