最高齢の米国人アレリア・マーフィーさん死去 114歳

米国で最高齢だった114歳の女性が死去した
/WPIX

米国で最高齢だった114歳の女性が死去した /WPIX

(CNN) 最高齢の米国人と認定されていた米ニューヨーク在住の女性アレリア・マーフィーさんが死去した。114歳だった。

遺族によると、マーフィーさんは23日に死去した。米国では最高齢者で、7月に家族や友人らに囲まれ、114歳の誕生日を迎えていた。死因は現時点で明らかになっていない。

老年学研究者団体のジェロントロジー・リサーチ・グループによると、マーフィーさんが亡くなったのは114歳と140日目だった。これでノースカロライナ州に住む1905年生まれのヘスター・フォードさんが最高齢の米国人になる。世界最高齢は日本人の田中カ子(かね)さん(116)。

マーフィーさんはノースカロライナ州出身の元縫製職人。アフリカ系米国人の文化が花開いたハーレム・ルネサンス期にニューヨーク市に移り、1926年からハーレム地区に住んでいた。

同地区は、マーフィーさんが114歳の誕生日を迎えた7月6日を「アレリア・マーフィーをたたえる日」として祝っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]