トレイルランに出場の男性、ゴール目前に落雷で死亡 3児の父 米カンザス州

レーススタート時のトーマス・スタンリーさん/Mile 90 Photography/AP

レーススタート時のトーマス・スタンリーさん/Mile 90 Photography/AP

(CNN) 米カンザス州インディペンデンスで50キロのトレイルランニングに出場した男性が、ゴール目前で落雷を受けて死亡した。

死亡したトーマス・スタンリーさん(33)は、3人の子どもをもつ父親だった。主催者がフェイスブックに掲載した情報によると、スタンリーさんは9月28日に同地で行われたトレイルランニングに出場し、ゴール目前まで来たところで落雷に遭った。

遺族は主催者を通じてコメントを発表し、「落雷によって死亡する確率はおよそ100万分の1しかない。トーマスは真に100万人に1人の存在だった」とスタンリーさんをしのんだ。

主催者はCNN系列局KATUの取材に対し、何の前触れもなく雷雨が発生し、直後にトーマスさんが雷に打たれたと話している。

レースは中断され、現場で蘇生を試みる措置が行われた。見物人はゴール地点につながる道路に車を停め、出場者の避難場所を提供した。

主催者は、遺族の意向を受けてスタンリーさんの写真を公式フォトアルバムに掲載した。スタンリーさんはゴールには到達できなかったものの、完走したとみなされ、妻に完走証が贈呈された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]