NRA、サンフランシスコを提訴 テロ組織指定に反発

バージニア州フェアファックスにあるNRA本部建物/Matt McClain/The Washington Post/Getty Images

バージニア州フェアファックスにあるNRA本部建物/Matt McClain/The Washington Post/Getty Images

(CNN) 銃を保持する権利の擁護を掲げる団体「全米ライフル協会(NRA)」は14日までに、同団体を「国内テロ組織」と指定した決議を先に可決した米サンフランシスコの監理委員会(市議会に相当)を提訴した。

市議会は今月初旬の決議で、市や郡に対しNRAと取引がある業者との財務あるいは契約上の関係を制限する全ての合理的な措置を講じるよう要請。「NRAは銃暴力の危険性について世論を欺くことなどを狙うプロパガンダを拡散している」とも断じていた。

また、サンフランシスコの市や郡は他の都市や州にも同様の立場を示すよう促すべきだと主張していた。

一方、NRAは提訴で、市議会の措置はNRAと関係がある全ての当事者をブラックリストに載せる行為と反論。銃保持の権利を保障する米憲法修正第2条を支持する立場のNRAを圧迫するのが目的とし、被告側はNRAの要の政治的言論への報復、阻止や妨害を図る意図で合法的でない手段を講じたとも主張した。

今回の決議が憲法に合致しないのは明白とし、非公式な検閲制度の企てであるとも批判した。

決議成立を主導した市議会議員はNRAの提訴は成功しない努力の最新の事例であると反発。「NRAは会員の縮小、財務上の障害やロシアのスパイ疑惑の処理に追われており、何ごとにも成功していないテロ組織である」と断じた。

同議員による決議の提案は、米カリフォルニア州ギルロイの祭り会場で7月に発生し、犠牲者3人が出た銃乱射事件が契機となっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]