池の車から22年間行方不明の男性遺体、グーグルアースで発見 米

グーグルアースで池に沈んだ車発見、中から遺体

(CNN) 米フロリダ州でこのほど、池に沈んだ車から遺体が見つかり、22年前に行方不明になった男性のものと判明した。車の発見に使われたのはデジタル地球儀「グーグルアース」だった。

遺体の男性ウィリアム・モルトさん(失踪時40)は1997年11月7日、同州パームビーチ郡で行方不明になった。CNN系列局WPTVによると、モルトさんは夕方、バーから交際相手の女性に電話をかけ、間もなく家に戻ると連絡。直後には1人でバーを出る姿も目撃されていた。酔っている様子はなかったという。

モルトさんが生きた姿で目撃されたのはこの夜が最後だった。

事態は最近になって進展をみせた。地元保安官事務所によると、近隣の元住民がグーグルアースで一帯を見ていたところ、水中に何かあるのに気付いた。グーグルアースの画像には、車とみられる物体が住宅地の調整池に沈んでいる様子が写っている。

元住民はそこで、現場に隣接した家に住む現在の住民に連絡。警察によれば、この住民は自身の所有するドローン(無人機)を飛ばして状況を確認し、直ちに保安官事務所に通報した。

調査の結果、グーグルアースで見つかった物体は「著しく石灰化」した車であることが判明。警察が引き揚げ作業を行ったところ、車内から白骨化した遺体が見つかった。

その後、遺体は検視当局に搬送され、今月10日にモルトさんと確認された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]