サンダース米大統領報道官、今月末で退任へ トランプ氏が発表

ホワイトハウスのサンダース報道官が今月末で退任する/Mark Wilson/Getty Images North America/Getty Images

ホワイトハウスのサンダース報道官が今月末で退任する/Mark Wilson/Getty Images North America/Getty Images

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は13日、ホワイトハウスのサンダース報道官が今月末で退任すると明らかにした。

トランプ氏はツイッターで、サンダース氏が地元アーカンソー州に戻ると発表し、知事選出馬の可能性に言及。さらに午後の会合では、サンダース氏を「戦士」とたたえた。

この表現からは、任期中のサンダース氏が対決姿勢に終始したこと、けんか腰で論争の火消しに回るサンダース氏にトランプ氏が敬意を抱いていたことがうかがえる。サンダース氏の退任により、トランプ氏は公の場での擁護者、長年の助言者、そして最側近のひとりを失うことになる。

サンダース氏が最後に記者会見場に現れたのは94日前。今回の発表は、大統領報道官の地位に伴う説明責任が失われつつあることも如実に示している。

サンダース氏はトランプ氏の発表の直後、自身の役目を「生涯の光栄」と形容し、この経験を「いつまでも大切にする」と語った。

さらに「我が国に仕える機会を持てたこと、特にこの大統領のために働けたことはこの上ない誇り」「困難なときも1秒1秒を楽しんだ」と話している。

ホワイトハウスの当局者はCNNに対し、サンダース氏は「かなり前」から退任の日付を決めていたと明かした。

事情に詳しい情報筋2人によると、この数週間は内々の会話で、アーカンソー州知事選への出馬をほのめかしていたという。同州のハッチンソン知事は昨年再選されたばかりで、任期満了を待たずに辞任しない限り、2023年1月まで知事職が空席となることはない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]