LA周辺でテロを計画か、元米兵の男を逮捕

米ロサンゼルス周辺でテロを計画した疑いで、元兵士の男が逮捕された/Mark Wilson/Getty Images

米ロサンゼルス周辺でテロを計画した疑いで、元兵士の男が逮捕された/Mark Wilson/Getty Images

(CNN) 米カリフォルニア州ロサンゼルス周辺でテロを計画していたとして、元米兵の男が逮捕されたことが分かった。米司法省が29日に発表した。

発表によると、マーク・スティーブン・ドミンゴ容疑者(26)は先週末、ロサンゼルス南郊のロングビーチで予定されていた白人ナショナリズム団体の集会で、くぎを詰めた即席爆弾を爆発させようとした疑い。2カ月前から計画を進めていたとされる。

同容疑者は連邦捜査局(FBI)のおとり捜査官に、即席爆弾を作ってくれる人を探してほしいと持ち掛けた。26日夜に自動小銃で武装して現れ、捜査官が圧力鍋を使った爆弾だとして渡した荷物を受け取ったところで逮捕された。

調べによると、ドミンゴ容疑者はアフガニスタンでの従軍経験があり、最近イスラム教に改宗した。「イスラム教徒に対する攻撃への報復」を図り、ほかにもユダヤ教徒や警官、軍施設、ロサンゼルス西郊サンタモニカの観光客らを狙った攻撃を検討していた。

3月2日付でインターネット上に投稿したビデオの中でイスラムへの信仰を告白し、2017年10月にラスベガスで起きた銃乱射のような事件を米国でまた起こす必要があると主張していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]